蒸気と魔法の貌国浪漫シェアワールド、SteamMagiaProject/本企画は、西京Projectグループが共有する世界観の1つとして企画された、シェアワールドです。

大貌博物館

概要

 大貌博物館は、世界最大の博物館のひとつである。
 敷地は広大で、古今東西の美術品や書籍や略奪品などが収蔵されており、うち常設展示は15万点にも及ぶ。
 余りにも多岐に渡ることから、一日で全てを見ることはほぼ不可能とも言われる。

 秘匿されているものの、実際には、サイト-20と呼称される、BC財団の収容施設のひとつ。
 展示品には、安全が確認されたマクガフィンも混じっているが、どれがどれであるかを精確に把握しているのはサイト-20の管理者のみである。
 有名なものでは、ツタンカーメンの黄金のマスクなどは、多くの財団員にマクガフィンとして知られている。

 内外装は大英博物館とほぼ同じ。
 ちなみにビューアーで実際に歩き回れます
現実のツタンカーメンのマスクは、既にエジプトに返却されているそうで見られません。

サイト-20

 大貌博物館のもう一つの顔、BC財団の大規模研究・収容施設、サイト-20。
 ロンドンに住む多くの財団員の主な勤務地である。
 地下では比較的収容手順が容易か、あるいは収容に際して極短に人手が必要なマクガフィン、協力的な人型マクガフィンなどを収容している。
 また、財団のデータベースハブとして、あらゆるマクガフィンに関する情報が集積され、日夜研究や監視が進められている。

 サイト管理者はDr.A
 調査団に貸与される財団で利用が認可されたマクガフィンは一部を除いてほぼすべてがサイト-20に収容されており、Dr.Aの管轄下にある。
 マクガフィンの私的利用は厳罰であり、制裁は無慈悲。いつの間にか姿を見せなくなった者もいるという噂がある。

 サイト-20勤務の財団員の一部にはゲストフロア(一般展示フロア)のフロント業務や館内ガイド、警備などのシフトが組まれている場合がある。
 いざというときのゲストの避難誘導などは、財団員を含むすべての勤務者に義務付けられている。

 地下部分には、地上を凌ぐ非常に広大な収容・研究施設が広がっており、代替太陽光パネルが設置され擬似的な生態系を維持する植生フロアも存在する(もちろん、円滑な収容のためであり、ピクニックのためではない)。
 地下施設もゲストフロアの入口に近い白を基調とした内装が中心である。

 かなり広大であるため、慣れるまでは迷子になること必至。
 基本的には「同じサイト内でも、自分の管轄の区域と、パブリックフロア(職員食堂や休憩室など)以外には行かない」ように忠告される。
 マクガフィンの円滑な収容のため、隔離され通常の手順では侵入できない区域や、窒素充填された区域、常に消灯されている区域、侵入すると自動迎撃装置に攻撃される区域などが無尽蔵に存在しているため、長く勤めている職員でも全容を把握しているものは少ない。
 新人は2名以上での移動が推奨される。

 ロンドン?の地下部には広大な地下遺跡が存在しているが、サイト-20の地下施設もそれを利用して作られたものである。
 本来はそのロンドン地下遺跡に存在する「巨大なマクガフィン」を収容する目的で造られた、というまことしやかな噂もあるが、真相は不明である。

関連項目

 サイト-20管理者。
 収容されている全てのマクガフィンの監督権限および監督責任を持つ。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます