蒸気と魔法の貌国浪漫シェアワールド、SteamMagiaProject/本企画は、西京Projectグループが共有する世界観の1つとして企画された、シェアワールドです。

冬枯公 ロランド・ジャン=ジャック・スカロパシー

インヴァレリー魔法学校の肖像画冬枯れのロランド
年齢享年28性別身長166cm
職業宮廷魔術師
時代16世紀
レーダーチャート
体力15体術15
知能20社交性10
魔法出力30魔法制御20

概要

冬枯公、スカロ師とも呼ばれる氷魔術師。
『氷結の春』『実践/温度変化魔術』『死の接触』の著者。
インヴァレリー魔法学校の創設者の一人。
エリンにて魂を分割し、死亡した。

氷結の春

氷魔術に関する魔法書。現代に於いては現代貌語/天照語/妖精言語の3言語で翻訳されている。
書いたのは紛れもなくロランドだが、エリンで流通している妖精言語版では■■■■■■の著作とされている。
ウェルズの湖を凍らせた際に得た知見と、季節によって変化する周辺魔力の性質、それらと魔法行使の関係性について書かれている。
余談だが原本には■■■■■■の美しさを讃える詩であったり、■■■■■■との会話の記録であったり煩雑な情報が数多く含まれている。
現代の翻訳版では全て削られている。

実践/温度変化魔術

温度変化魔術に関する魔法書。極低温度から超高温まで魔法による温度変化の利用について書かれている。
ウェルズの工業技術の発展に貢献する内容も数多く記録されている。
ロランドはドワーフにこの書籍の原本を渡し、工業のさらなる発展を望んだようだが、怒り狂ったドワーフに全て焼かれてしまった。
現代に残されているのは写本からの抜粋のみである。

死の接触

魂/精神体を凍結、抽出し、保管することで肉体の限界を超える仮説に関する書籍。
人の命を奪う魔術/精神に干渉する魔術に抵触するとされており、現在は内容の危険度から禁書指定されている。
ハイランドの禁書保管施設に保存されており、市場には出回っていないはずだが時折写本として出回る事がある。
写本とされるものの大半は出鱈目な事が記載された偽物だが、極稀に本物が出回っている事がある。

ロランドの死

ロランドの死に関しては様々な憶測と推測が上げられており、現代においては妖精にそそのかされて魂の分割を実行してしまった事で死んだとされている。
魂の分割は現代では禁忌に指定されている。

インヴァレリーのドラゴン退治

インヴァレリー魔法学校を設立するにあたって問題となったのが湖畔に住み着いていたドラゴンである。
鱗は黒く酸のブレスを吐き出す黒竜だが全長が問題であり、竜殺しの刃も通じなかった。
ロランドはこの黒竜を当時複数人の宮廷魔術師と氷魔術によって湖底に封印しており、今も定期的に封印を更新している。

現代

ジャック・スカロパシー
藝魔術によって作られた氷魔術に反応して動く肉体で教師をしている。
たまに肉体との同期がズレて音声がズレる。
大層な扱いを受けたくないだとか過去について詮索されるのは苦手だかでジャックと名乗っている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます