蒸気と魔法の貌国浪漫シェアワールド、SteamMagiaProject/本企画は、西京Projectグループが共有する世界観の1つとして企画された、シェアワールドです。

概要

 マグパイズ・クロスオーバード・ゲート、通称「マグ・ゲート」。さらに略して「ゲート」。
 蒸気の都ロンドンと、各地の魔法的に重要な土地を繋ぐ、魔術機関最高峰の転移魔法陣。
 これらは大魔術師マグパイがデザインしたが、複雑になりすぎた魔法陣を書くのが面倒になって陣術師タイガーに丸投げしたと言われている。

 結果的に、非常にいいかげんな仕上げが多いマグパイの遺した中で、最も精緻で機能的な魔法陣となった。

立地

 ロンドン中心街、鉄道ターミナルである「キングス・クロス駅」の一角に、円柱形のゲートが立ち並ぶクロスオーバード・ゲート区画があり、ここから魔法陣の効果によって各地の対応する陣に向かって人間を転送できる。
 転送にかかる時間はおよそ4.4秒程度で、魔法使いではない人間や動物も送ることができるが、一定質量以上の物資を送ろうとすると転送が不安定になるので、重量に厳しい制限がある。基本的には、手荷物程度以上のものを送ることには適さないため、物資類の輸送は蒸気空挺や機関車に任せることが多い。

 現在は主に、各地方国家の首都や、インヴァレリー魔法学校を始めとした地方の重要施設などを繋いでいる。

仕組み

 ゲート区画の地下には、術式の心臓部である巨大な陣魔術が敷かれている。
 この内円部の延長線上にある術式に限って、第一級の転送魔術として遠距離を瞬時に転送することができる。
 宮廷魔術師としてマグパイが各首都や重要施設に転送先を記述したとされるが、遺失したものや、未だ発見されていないものも多く、「今でも稀に地下の魔法陣に偶然転送されてくる人間がいる」という都市伝説がある。

 陣魔術の技術的にはロストテクノロジーとなっており、これ以上増やすことはできない。
 摩耗しないようコーティングや手入れを行うため、莫大な税金と宮廷陣術師の労力が投入されている。

備考

 チケットは非常に高額。
 定期券と当日券の販売がある。当日券は割高。
 定期券では、登録された人物以外の輸送はできない(物資だけの送付も不可)。
輸送手段の多くはだいたい、輸送時間が短くなると反比例的に値段が上がります。 「実際いくらぐらいなの?」と思われた方は、現実の新幹線のチケットの値段と輸送時間などから概算してみてください。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます